データ作成ガイド

データ作成時のご注意

「タオルすとあ」はクリエイター様が製作されるデータへの加工は一切行いません。クリエイター様のオリジナリティと表現の自由を尊重し、原則として「入稿データをそのまま出力」させていただきます。しかし、公序良俗を著しく逸脱するようなデータをご入稿いただいた場合には、修正などをお願いすることがあります。「表現の自由」を脅かす様々な脅威からクリエイター様を、ひいては同人世界を守るためですので、万一修正をお願いした場合には、ご快諾をお願い致します。


テンプレートをダウンロードしてください

オリジナルタオルのデータ作成に、テンプレートファイル(PSDファイル・PNGファイル)をご用意しました。

サイズ間違いでデータの修正をお願いする事がよくありますので、
ご入稿データの作成には、必ずテンプレートをご利用ください。

テンプレート名 サイズ ダウンロード
ハンドタオル 200×200mm ダウンロード(ZIP圧縮)
フェイスタオル 340×840mm ダウンロード(ZIP圧縮)
マフラータオル 200×1100mm ダウンロード(ZIP圧縮)
スポーツタオル 400×1100mm ダウンロード(ZIP圧縮)
  • RGBカラーでご入稿頂いた場合、弊社にてCMYKカラーに変換をいたします。カラーモード変換に伴う退色につきましては予めご了承ください。

データの作成についてご確認ください

作成サイズについて

データは必ず上のテンプレートをお使いいただき、原寸サイズで作成してください。
テンプレートファイルは、実際の仕上がりサイズの四方に20mmの塗り足しがございます。
黒い枠線の中が仕上がりの目安ですが、切れてはいけない文字やロゴ、図形など重要なデザインは
その内側にある点線内に収めて配置することを推奨します。
※2018年3月1日朝10時以降受付分より、必要な塗り足しが四方10mm→20mmに変更となりました。

塗り足しについて

  • デザインは入稿される際、仕上がりサイズより外側の青線まで必ずデザインを行ってください。
  • 背景が白無地以外の場合は、仕上がりサイズより外側の青線まで必ずデザインを行ってください。
  • 塗り足しが無い場合、もしくは塗り足しギリギリのデータで印刷を行うと、タオルの端に印刷の無い白地が残ってしまう場合があります。

デザイン配置について

入稿データを作るときのガイド線はきれいな長方形ですが、
実際のタオルは、実は少しだけ歪な形をしています

長辺は比較的まっすぐに仕上がりますが、
短辺とその付近は布の性質上、どうしても歪みが生じてしまいます。
そのため、入稿データをデザインする際に周囲をぐるりと囲むような枠を作ったり
短辺にラインを配置したりすると、仕上がりや見栄えが悪くなってしまうことがありますので要注意です。

ちなみに、データの背景を
・ベタ(単色)
・途切れても構わない風景のようなもの
・水玉などの総柄
などにすると、歪みが目立ちにくい仕上がりになるのでオススメです。


*ボーダー柄の場合はタオルに対して斜めに入れると、歪みが目立ちにくくなります

色について注意点

モニター環境とタオルの現物は多少イメージが異なる場合がございます。予めご了承ください。
色の再現性は、印刷方法・媒体により異なります。
印刷機の個体差により同じ色設定の出力でも、色の表現が若干異なる場合がございます。

RGBカラーでご入稿頂いた場合、弊社にてCMYKカラーに変換をいたします。
カラーモード変換に伴う退色につきましては予めご了承ください。

ガイドのレイヤーについて

テンプレートのデータは、「ガイド」と「入稿デザイン」の2つのレイヤーで構成されています。
「ガイド」レイヤーは、結合しないでください。

◎「psdファイル」で入稿データを作成する場合 (Photoshop)

「ガイド」レイヤーは結合しない(レイヤー非表示も可)で、ご入稿ください。

◎「pngファイル」で入稿データを作成する場合

pngデータは、レイヤーを保持したまま保存ができません。
png形式でデータを保存すると、レイヤーが統合されてしまいますので、
予め「ガイド」レイヤーを削除してから、png保存してください。

知ってた?Photoshop(PSDファイル)がとっても軽量になる方法!

PSDファイルを保存する前に、レイヤーの項目をチェック!
レイヤーを非表示にした状態でファイル保存をするだけで、PSDファイルの容量がぐ~んと小さくなります。
ご入稿前に一度お試しください。更に、ZIP形式などで圧縮をかければ、半分以下のサイズになりました。